2009年06月29日

新宿・マーロウ

P6282972t-s.jpg

 1980年ごろだったと思う、草月ホールにニュー・ジャズ・シンジケートのコンサートを聞きに行ったことがある。たしか車椅子に乗った富樫雅彦がゲストで出演していたはず。そのときにピアノを弾いていたのが原錙覆呂蕁,蠅腓Α砲箸い人でコンサートのパンフレットに文章も書いていた。それが名文だったのでもしかしたら詩人でもあるのかなと思ったものだ。
 それから10年ほど経った頃、本屋のミステリーコーナーで同じ名前を見つけ、オヤッと思って手にとってみたらやはりそうだった。いつのまにかピアニストをやめてミステリー作家に転身していたのだ。
 主人公沢崎の探偵事務所は西新宿。ロサンジェルスのフィリップ・マーロウが現代の東京によみがえったようで面白い。雨の日の読書に最適。

shuzo MARUTA : 23:57

2009年06月26日

三日月

P6252967-s.JPG

 月日の経つのは速い、というのは聞き飽きたせりふだが現実には月も地球も太陽も想像をはるかに越えた速さで動いている。高麗山の上に見える三日月は地球の周りを秒速約1Kmの速さで動いている。地球の自転を考えれば赤道の長さが約4万キロ、これが一日に一回転するので赤道上にいる人は一日で4万キロ移動していることになる。時速に直すと1666Km/時。東京付近(北緯35度)では少し遅くなるがそれでも1367Km/時。つまり我々はこんなに高速で回る回転体の上にしがみついて生活しているわけだ。これでよく振り落とされないものだがさらに上には上があって、地球が太陽の周りを回る速さは秒速30キロ。時速に直すと10万キロだ。さらに言えば銀河系自体も回転していてその中の太陽系が動いている速さが秒速220キロ。ほとんど想像力の限界を超えてしまうがこれだけ激動する環境の中にわれわれの日常があるということ。これはもう奇跡としか言いようがない。

shuzo MARUTA : 23:56

2009年06月24日

コダクローム

P2062544-s.JPG

 コダクロームがついに製造中止になったとのニュース。すでに2年程前から国内での現像は出来なくなっていたのでいずれこうなるだろうとは思っていた。写真の魅力の一部が確実に失われたような気分。残念。ウチに残っている4本のコダクローム。大切な時のためにと思ってとっておいたのに、、、どうしよう。

shuzo MARUTA : 23:59

2009年06月22日

時間差

P6212935t-s.jpg

 暦では昨日が夏至だった。これから日が短くなるのに暑さのピークは一ヶ月以上あとにやってくるという季節のズレ。このことの説明はいくら読んでもよく分からないが、日照と気温つまり刺激と反応の間にこれだけの時間のズレが起きるほど地球は大きいということか。

shuzo MARUTA : 23:56

2009年06月20日

鉄道

P5142794-s.JPG

 鉄道趣味というのはよく分からないけれども最近では立派に市民権を得て、あちこちで耳にするようになった(昔からあったか?)。自分が運転するわけでもないのにどこが面白いのかと思うけれども、、、面白いんだろうなあ。
 蒸気機関車も今では観光地で人気だけど高校時代は毎朝SLで通学してたので特に乗ってみたいとは思わない。当時の鹿児島本線はSLとディーゼルが混在していて、朝6時台の列車はSL機関車が2台連結された2重連だった。平地を走るのにどうして2台も必要だったんだろう。冬の暖房はあるが問題は夏で冷房がないので窓を開け放す。そうすると石炭のススがいっぱい飛んでくる。汗ばんだ肌にも服にもススが付いて困ったものだ。SLで良かったのはデッキにドアがなかったので動き出してからでも飛び乗れたこと。これで何度遅刻を免れたことか。

shuzo MARUTA : 23:59

2009年06月17日

金目川

P6122883-s.JPG

 朝起きたら仕事場にスズメが迷い込んでいた。だいぶ飛び回ったらしく羽が乱れていた。まだ子どものようだ。戸をあけたら飛んでいったけど、無事だろうか。
 サッカーはキビシイな。これからは練習に相撲とかレスリングなどの格闘技を取り入れたらどうだろう。ラグビーや合気道なんかもいいかもしれない。

shuzo MARUTA : 23:35 | コメント (2)

2009年06月16日

P6142903-s.JPG

 暗くなってから雷雨。稲妻が光るたびに窓ガラスが真っ白になり何も手につかなくなる。夜の雷は苦手だ。
 夜半過ぎには雨も止み静かになった。外では虫が鳴いている。

shuzo MARUTA : 23:59

2009年06月14日

高麗山

P6142916-s.JPG

 新緑の季節を過ぎ高麗山の緑もだいぶ濃くなってきた。今日は暗い曇天。薄い靄が地表まで下りてきて今にも雨になりそうだ。

shuzo MARUTA : 23:58

2009年06月10日

梅雨入り

P6082882-s.JPG

 去年より一週間ほど遅れて梅雨入り。気温が低いのでまだ救われるがそれでもあちこちベタベタ。風通しを良くしておかないとすぐにカビが生える。鬱陶しいけれども智恵を働かせて乗り切るしかない。
 今日のサッカーもすっきりとしなかったな。ギクシャクした動きは疲労のせいだけではないと思う。チームの中に何か問題があるのではなかろうか。

shuzo MARUTA : 23:50

2009年06月08日

タシケント

P6082867-s.JPG

 サマルカンド、タシケント、トルファンなど中央アジアには魅力的な名前の都市が多い。子どもの頃、世界地図を見ながらそれらの名前に惹かれていつかは行ってみたいと思ったものだ。旅行はいまだに実現できてないがそのかわりにグーグル・アースでひとっ飛び。W杯予選が行われたタシケントの町を空から眺めてみた。町の中心を川が流れていてここがオアシス都市であることが分かる。市の中心部に競技場があっておそらく試合はここで行われたのではなかろうか。
 ゲームのほうは辛勝。W杯出場は決められたが手放しでは喜べない不安もある。それは審判や芝の状態などの悪条件のもとでは力が発揮できないということ。恵まれた好条件の中でしか機能しないガラス細工のようなサッカーでは本大会で勝ち抜いていくのは難しいのではなかろうか。

shuzo MARUTA : 23:56

2009年06月04日

梅雨入りか

P5272846-s.JPG
Olympus E300 + Zuiko Digital 35mm/f3.5 macro

 去年のブログを見たら梅雨入りは6月2日だった。今年も似たようなことになりそうな気配。ブログを続けているとこういう事を調べる時に役に立つ。最近は更新が飛び飛びになってしまっているが日々の出来事やニュースなどを断片的に書き留めておくだけでも何かの役に立つかもしれない。

 フォト・アルバムを作りました。イスタンブールのパート1、そして春の植物シリーズです。
 http://waterlandmoon.jalbum.net/Istanbul/
 http://waterlandmoon.jalbum.net/Plantnet1/
 クリックすると自動的にスライドショーが始まります。どうぞご笑覧ください。

shuzo MARUTA : 23:59