2006年04月30日

三島−湧水

P4230274-s.JPG

 三島が湧水の町であることは2年前にはじめて知った。富士山の雪解け水や雨水がゆっくりと地下に浸透し三島市内のあちこちで湧き出ている。柿田川の湧水群も近い。写真は三島大社境内の湧水。

shuzo MARUTA : 22:59 | コメント (0)

2006年04月29日

三島−欅

P4230266-s.JPG

 三島、横浜、小田原と東奔西走の毎日。連休だというのに目まぐるしいことになってきた。
 三島大社境内の欅の大木。あちこち枝を落としているがまだまだ若葉の勢いがありエネルギッシュ。

shuzo MARUTA : 23:38 | コメント (0)

2006年04月28日

深川鼠

P4280349-s.JPG

 桜の老木にびっしりと生えた苔。この薄く緑がかった鼠色を利休鼠だと思っていたら実際は深川鼠に近いことが分かった(日本の伝統色)。小田原お濠端にて。

shuzo MARUTA : 23:45 | コメント (2)

2006年04月27日

三島−小手毬

P4230306t-s.jpg

 ぼってりとかたまっている咲き方が暑苦しくてなんとなく敬遠していた花だが近寄って見ると花の形はなかなか瀟洒。団体でなくポツリポツリと個人主義的に咲いてくれればもう少し感情移入もしやすいと思うのだが。群れていることで損をしている。

shuzo MARUTA : 23:19 | コメント (0)

2006年04月26日

銀杏

P4260322t-s.jpg

 今日から自宅工房で開いている陶芸教室の作品展。会場の横浜、山手の「イタリア外交官の家」には文化財を開放して展覧会などを開くスペースがある。桜の時期を過ぎて今は若葉の季節。港から吹き上がる風に新緑が揺れている。

 「菁陶会作品展」 4月26日(水)〜4月30日(日) 横浜、山手イタリア山庭園 ブラフ18番館ホール 10:00〜16:30(最終日は16:00まで) 045-662-6318

shuzo MARUTA : 23:17 | コメント (0)

2006年04月25日

三島−ハナミズキ

P4230252-s.JPG

 今が満開のアメリカ花水木。本屋さんの店先に咲いていたが街路樹というわけではなさそうだ。

shuzo MARUTA : 23:27 | コメント (2)

2006年04月24日

三島−黒蝋梅

P4220218-s.JPG

 初めて見る黒蝋梅(クロロウバイ)。初日に会場へ行ったら花器にどっさりと生けてあった。店主原田さんの自宅庭に咲いているものでちょうどこれから開花の時期とのこと。色は茶というよりワインレッドに近く落ち着いた雰囲気。馬子にも衣装、花器にも花。これだけうまく使ってもらえると本当に有り難い。モノ作りが決して孤独な作業ではないと思える瞬間でもある。

shuzo MARUTA : 23:25 | コメント (2)

2006年04月23日

三島−松

P4210202-s.JPG

 個展初日を無事に迎えることができ、どっと肩の荷がおりたような気分。「阿吽」での個展は2年前に続いて2回目。少しずつ知りあいも増えてこの町にもなじんできた。古くは東海道三島宿。三島大社と湧水の町。手入れの行き届いた見越しの松にも歴史の香りがある。

shuzo MARUTA : 23:58 | コメント (0)

2006年04月21日

駿河の国

P4210181-s.JPG

 嵐のあとには強烈な太陽の日差し。天気の移り変わりが極端でなんだかいつもの春とは違うような気がする。
 箱根を越えて三島まで個展の搬入。山道は空気が澄んでいて光がまぶしい。

shuzo MARUTA : 23:49 | コメント (0)

2006年04月20日

白雪芥子(シラユキゲシ)

P4200165-s.JPG

 午前中は嵐。午後は一転してまぶしいほどの日差し。おかげで木々の新芽がキラキラと光り、まるで信州の初夏のような空気が味わえた。
 南足柄のギャラリー「一会」の入り口に一輪だけ咲いていた花。たしか白雪草、、、だったと思うが、ちょっと自信がない。

 4月21日午前2時52分、激しい揺れ。縦揺れがなかったので遠方の模様。かなり大きい。

 三島のギャラリー「阿吽」へ行ったらなんとここにも同じ花が咲いていた。名前は白雪芥子。中国原産で別名スノーポピーとか。(4/21)

shuzo MARUTA : 23:57 | コメント (2)

2006年04月19日

スギナ

P4180152-s.JPG

 早朝の草むらにキラキラ光るガラス玉。スギナの先の無数の水滴は空気中の水分が集まった朝露(夜露)かと思っていたら実際はスギナ自身が水分調節のために出しているものとのこと。そうだったのか。
 夜12時過ぎに本焼き終了。今回も反省点が多い。多すぎる!

shuzo MARUTA : 23:54 | コメント (0)

2006年04月18日

あけび

P4170134t-s.jpg

 あけびの雌花。大きさはピンポン球より少し小さいくらい。下から写しているので分かりにくいがボリュームのある3弁の花びらがめしべを囲んでいる。

 午前3時過ぎ、ようやく本焼き窯詰め終了。久しぶりにワインをあける。

shuzo MARUTA : 23:43 | コメント (2)

2006年04月17日

カラス

P4150086t-s.jpg

 カラスの生態というのがよく分からない。大群で空を飛んでいるときもあれば写真のように一羽でぽつんといるときもある。群れの生き物なのか個の生き物なのか。夜は集団で過ごし昼間は個で活動するというのであればヒトの生態とも似ていることになるが。
 カラスがとまっているのは携帯電話会社のアンテナ。畑の上にいつのまにか立っていた。

shuzo MARUTA : 23:58 | コメント (0)

2006年04月16日

人面?

P4160129t-s.jpg

 徹夜が続いて頭も体も朦朧状態。こういうときはとんでもない判断ミスを犯しがち。大丈夫かな?もう遅いか?
 そんな中で遭遇した今日の驚き。京劇のマスクを付けたような人面が足を広げ万歳をしている。一瞬幻覚かと思ったがよく見ると足が8本あるのでクモのようだ。しかし緑色。さらによく見ると人面はお尻のほうで本当の頭は下の方にある。大きさは1cm足らず。緑人面蜘蛛とでも呼んでやるか。

shuzo MARUTA : 23:54 | コメント (0)

2006年04月15日

つかの間

P4150085-s.JPG

 今週はよく雨が降った。夕方外へ出てみると久しぶりに青空。しかし北風が強くけっこう冷たい。木々の若葉を撮ろうとしても風に揺れてなかなか落ち着いてくれない。で、結局空。
 夜半からまた雨が降りだした。

shuzo MARUTA : 23:37 | コメント (0)

2006年04月14日

即席昆布漬け

P4140065-s.JPG

 細切りの昆布に鰹節と胡麻。それに酢、酒、醤油を加えて混ぜるだけ。それぞれの分量は適当、というか好みで。一時間ほどで味がなじむ。酒にもご飯にもGooood。

shuzo MARUTA : 23:55 | コメント (0)

2006年04月13日

終花

P4120007t-s.jpg

 トップページの写真撮影に使った山吹の枝をガラスのビンに挿しておいたらすぐに花が開いた。一週間ほど咲きつづけたあと少しずつしおれてきてこれが現在の状況。ただ花はしおれても葉は元気。このまま土に植えたらすぐに根が生えてくるに違いない。

shuzo MARUTA : 23:37 | コメント (0)

2006年04月12日

雨上がり

P4120026t-s.jpg

 昨夜の豪雨でまた仕事場が少しだけ浸水。忙しいときなのでこれくらいで済んでよかった。雨が止んだあとの畑では菜の花の葉の上でアブもひと休み。

shuzo MARUTA : 23:42 | コメント (0)

2006年04月11日

VISHWA MOHAN BHATT

IMG_8251-s.JPG

 ギターのようだがギターとは呼ばない。モハン・ビーナ。この人はスパニッシュギターを改造したものになんと自分の名前をつけて呼んでいる。インド音楽は座って演奏するのでギターもこのように寝かせてスチールギターの要領で弾くようになったのだろう。ちょっと怪しげだったが聴いてみたら演奏は一流。音質もすばらしい。まさにワンアンドオンリー。わが道を行く音楽家。こういう人がいるからインドは面白い。

shuzo MARUTA : 23:57 | コメント (0)

2006年04月10日

IMG_8231t-s.jpg

 今日は雨。しかし風はないので花びらが飛ばされることはなさそうだ。暑くもなく寒くもなく、こんな落ち着いた降りかたなら雨の日も悪くない。

shuzo MARUTA : 23:43 | コメント (0)

2006年04月09日

道具

IMG_8230-s.JPG

 今日使った道具を片付けていたら陶芸専用の道具が一つもないことに気がついた。並べてみると料理用と塗装用の道具ばかり。特に料理器具は役に立つものが多くホームセンターへ行くたびに台所用品のコーナーでいろいろと物色してくる。手前のピザカッターは土の板を切るのに便利。

shuzo MARUTA : 23:51 | コメント (0)

2006年04月08日

みょうが

IMG_8207-s.JPG

 晴れてるかと思えばいきなり突風や雷が吹き荒れる安定しない天気。夜に入ってからは風が強くなり気温も下がってきた。なんだかギクシャクした春の訪れ。しかし植物たちは花を咲かせ、しっかり新芽を出している。

shuzo MARUTA : 23:51 | コメント (0)

2006年04月07日

厚削り

IMG_8196dt-s.jpg

 そばつゆ用の鰹の厚削りではなくサバとムロアジの厚削り。生協で買って普段使いにしているものだが最近これが酒のつまみになるということを発見した。鰹はカチカチに硬くて噛むのに苦労するがこれは程よく柔らかく、しかもほんのりスモークの香りもある。常備しておくと何かと役に立つ。

shuzo MARUTA : 23:50 | コメント (0)

2006年04月06日

たんぽぽ

IMG_8167-s.JPG

 春の花は黄色が多い。山吹、レンギョウ、菜の花、たんぽぽ、それに先日教えてもらった食用になるホトケノザ(コオニタビラコ)も黄色。
 昨日の嵐から一転、今日はおだやか。畑の土手にはたんぽぽが咲き始めていて、すでに綿帽子を高く伸ばしているものもある。

shuzo MARUTA : 23:45 | コメント (2)

2006年04月05日

湯のみ

IMG_8151t-s.jpg

 一日中強い雨と風が吹き荒れた。花に嵐のたとえあり。桜はこれで終わりかな。
 新作の湯のみは外側がマットの白磁。柔らかいカーブをつけ、柔らかい白に焼き上げた。

shuzo MARUTA : 23:56 | コメント (0)

2006年04月04日

木瓜(ぼけ)

IMG_8162t-s.jpg

 睡眠不足が慢性的になって体も頭もすっきりしない。やることがすべてチグハグで時間ばかりかかってしまう。まるでこの花の名前のようだ、、、といったら木瓜に失礼。名前は名前。木瓜はけっしてボケてはいない。

shuzo MARUTA : 23:58 | コメント (3)

2006年04月03日

ロウバイ

IMG_8106t-s.jpg

 ロウバイは真冬に咲く花だと思っていたらまだ咲いていた。近くの植木屋さんの裏庭。今まさに満開状態。この時期に咲く種類なのか、それともやはりこの一帯は湘南のチベットなのか。

shuzo MARUTA : 23:56 | コメント (2)

2006年04月02日

即席オイルサーディン

IMG_8140d-s.JPG

 小いわし(しこいわし)を酒、塩、醤油それに生姜、唐辛子などと普通に煮て、食べるときにごま油をかけてみる。なんと即席和風オイルサーディンの出来上がりなのだ。保存するわけではないのでオイルに漬け込む必要はない。味の良し悪しは鰯の鮮度とごま油の質による。ちなみにごま油はカドヤではなく竹本のマルホン印でないとダメなのだな。

shuzo MARUTA : 23:59 | コメント (0)

2006年04月01日

ハナニラ

IMG_8099td-s.JPG

 明け方までかかって素焼き終了。テストを兼ねて今夜から本焼き。数日続いた寒気がやわらいだので今夜はストーブなしで過ごせるかもしれない。
 あまり気をつけて見たことはなかったが毎年同じところに咲いている白と紫の小さな花。ハナニラ(花韮)だった。アルゼンチン原産の球根草で雑草化するほど繁殖力が強いらしい。かわいい花ほどたくましい、、、のかな。

 トップページの写真を変えました。ロゴも少々。

shuzo MARUTA : 23:58 | コメント (0)