台風一過

 台風は寝ている間に通り過ぎて行ったようで目が覚めたら風も止んでいた。超大型と騒がれた割にはあっけなかった。思うに山間部では台風の風はかなり抑えられるのではないだろうか。海岸沿いの平野部とは台風のイメージがちょっと違ってくるようだ。

台風の夜

 超大型の台風が接近中。今日から本焼きの予定だったけど停電の可能性もあるので明日からに延期した。現在、丹沢山中は雨風ともに穏やかで嵐の前の静けさ状態。ピークは明日の未明から早朝かな。道路が通行止めになることもありそうだ。予定が狂うな。衆議院選挙の結果が気になるけど明日までお預け。

海霧


Finepix S3 + Nikon 50mm/f1.8

 いつも野良猫を冷やかしに行く湘南平。夕方近く登ってみたら頂上付近は霧に包まれていた。海のほうから濃い霧が流れてきていて雲の中に入ったような世界。標高180mの山でも麓とはこれだけ風景が違うんだな。

オパール2 

dsd_0499_lr-s

 やきものの青磁はオパールなどの宝玉のイメージによって大きく発展した。たしかに玉石を削って器物を作るより土を成形して作ることができればそれに越したことは無い。早く安く大量に作れてしかも大きさや形の自由度も高い。つまり青磁は玉器のイミテーションとして発展したともいえるだろう。
 陶磁史の中で青磁は緑から薄青の乳濁した色彩が主流になってきた。いはゆる青磁色。この流れは今の時代でも変わっていない。しかしどうなんだろう、現代作家の青磁を見ているとどうも従来からの青磁にこだわるあまりちょっと袋小路に陥っているように思えるんだな。目標を見失っているような。ここでもういちど玉のイメージに戻ってみてはいかがだろう。多種多様な色彩、色調があってヒントは無数に得られるはず。

オパール

dsd_0493_lr-s

 乳白色の柔らかな地肌に青が薄く濃く色付いている。オパールは10月の誕生石なんだな。先日見てきた箱根の博物館にあった。石川県小松市産。こんなやきものが実現できたら面白い。青磁系か均窯系か。近いのは青磁系だけど。

ウミユリ

dsd_0490_lr-s

 また鉢植えの植物を枯らしてしまった。3年ほど前に御殿場で買ってきた山アジサイ。夏場を乗り切ったのでちょっと油断していたなあ。あーあ。
 写真は昨日、箱根の地球博物館で見てきたドイツ、ブンデンバッハ産のウミユリの化石。