37℃

 数字を見て驚いた、37℃。この気温計で記録した最高気温。日本の夏はもはやこれまでの夏ではない。この暑さでは夏の情緒などといったものは消し飛んでしまうな。命の危険さえ感じるほどの怖いくらいの暑さだ。

カワセミ

 平塚市の大きな工場が立ち並ぶ一角。車で走っていたら何か青い鳥が目に入った。誰も見向きもしないような川の中を矢のように飛んでいる。慌てて写真を撮ったのでぼやけているけど確かにカワセミだ。こんなところにもいるんだな。

産業廃棄物2

 今回のがれき処理。まだ請求書は来てないけどおそらく20万近くになるのではなかろうか。設備を整え、最高の材料を仕入れ、世界一高い燃料費(電気代)を払い、B級品以下のガラクタを処分するのにさらにこれだけの費用がかかる。この国の製造業が滅びるのも無理はない。

産業廃棄物

 作品か、もしくはゴミか。その境界線は曖昧だけれどもいったんゴミと判断されたものの行末は現代日本においては非常に厄介だ。
 今回仕事場の整理をしてみたら大量の陶器瓦礫が出た。個展などに出品できるのは例えて言えば氷山の水面上に見えているほんの一部なのであってその下には日の目を見ない大量の試作や失敗作が埋もれている。それらが積もり積もって瓦礫の山ができるわけだけど、さてその処分が難しい。
 家庭から出る少量の陶器の破片なら燃えないゴミとして出せるけど、これだけの量になると産業廃棄物扱いになって行政では引き受けてくれない。で、どうするかというと産廃業者に処理を依頼することになる。こんなことは初めてなので見当がつかないけど処理費用も相当な額になりそう。