モミジ

 昼過ぎから雨。雷を伴って時折激しく降る。その雨の中をツバメが何羽も飛び交っていた。スピードが速すぎて何をしているのか分からなかったけど、虫でも捕えていたのかも。
 立秋を過ぎて朝晩の空気がひんやりしてきた。夏の勢いもそろそろ終わりかな。

 急に思い立って昨日から家中の大掃除。ものが少ないので仕事量は少ないけど(ゴミの量もわずか)それでも一日では終わらなかった。今後はもっとこまめにやることにしよう。

カサブランカ

 10日ほど前に買ってきたカサブランカ。20センチほどだったものがみるみる大きくなって今や40センチ以上になった。白磁で大きめの鉢を作ってあげようと思っていたけどとても間に合わないな。とりあえずプランターでも用意するか。

若芽

 早いもので二月ももう半ば。月初めには大雪に見舞われたけどここ数日は暖かい。山の雪もだいぶ融けてきて桜の若葉がフライング気味に開き始めている。まだまだ寒い日は続くだろうけど少しずつ春の気配も感じられるようになってきた。

雪帽子

 乾いた雪なので積もった時にはそれほど重くはないと思うけど、これが一日経つと凍りついて落ちなくなってしまうんだな。植物にとっては試練の雪帽子だ。

花芽

 おそらく辛夷だと思うけどこれから本格的な冬だというのにこれだけ花芽を伸ばしている。気が早いというか準備がいいというか、あるいはエネルギーが満ち溢れていて我慢できないのか。ここは標高800m。冬は氷点下10度くらいまで下がることがあるんじゃないかな。たくましい。

立ち姿

 車で移動することが多くなり走行距離も伸びた。以前より二倍以上増えたんじゃないかな。ハンドルを握る道すがら、ときおり印象的な立ち姿の木々に出会う。何度も目にしているとそのうち馴染みになったように「やあ、元気かい?」と声をかけたくなる。この木は秦野市三廻部の山道沿い。桜だろう。グーグルマップに2012年に撮影された画像があった。こちら。5年でだいぶ大きくなったようだ。

黄金色

 西日を浴びて黄金色に輝く猫じゃらし(エノコログサ)。実際はもっと透明に輝いているのに写真ではそれが表現できない…というか単に技術、知識が足りないだけかも。