南天桐

 純白の石をくり抜いたような白磁の器に南天桐を入れてみた。伸びだした若葉の緑がつや消しの白磁の肌に良く似合う。