一雨ごとに

 鉢植えにしていた山ぶどうの木からいつの間にか新芽が出ていた。冬の間、枯れ木のようになっていたけどあきらめずに水をやり続けたのが良かった。季節の巡りは着実だ。